戻る(・ω・`)


成り上がり・立身出世 【24_A】 
詰みかけ転生領主の奮闘記A 
二次創作欄はこちらだよ


詰みかけ転生領主の改革  人気投票所  


第四章 七歳児と決闘騒動】 (´・ω・`)将来のためにコネを作ろうと王都のパーティに参加するけど、また問題が発生して大変な話だよ。主人公がようやく最大の障害である父親に最大の反逆やっていて爽快だった。七歳の頃から反逆している有様だよ!

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
詰みかけ転生領主の奮闘記 【第四章 七歳児と決闘騒動】『【完結】 小説家になろう  作者:氷純 SS   2013年 01月 08日
(´・ω・`)主人公が今まで難易度ルナティックな環境を用意してきた父親に、ようやく反逆するための手をゲットするお話さんだよ。

一番厄介な最大の障害への反抗だと思うと熱いね。僅か7歳の頃に反逆の切り札を偶然ゲットできた有様だよ。7歳で領土の全植民地化を賭けた決闘をやっている時点で凄まじいまでの異常な主人公だった。

(´・ω・`)地文から主人公は若い内に死ぬ予定って書いてあったから、暗殺されたり、戦争したり、病死したりするのかな。



●父親のせいで今まで大変だぁっー!どんだけ主人公が頑張ってチートやっても最悪だぁっー!このままじゃ教会派に利用されて人生終了っー!
●そんな父親に王都で爵位ゲットして、領土分捕ってやるっー!そのための過程が無茶ゲーでも仁徳と知恵と道具で逆転だぁっー!
●今まで産業やっていた場所と、重要な場所を自治区として確保ぉっー!父親に残った領土は価値が低いっー!
●これで主人公も次の章から暗殺の標的だぁっー!






第四話  ジョーカーは突然切られる。 --領地の全植民地化を要求されて決闘を挑まれてしまった。しかも、相手は五歳以上年上であり、兵を王子様が貸し与えて闘う事になったので、敗北しちゃうと厄介である--

第六話  伯爵家のブランド。 --なんと、あの伯爵の息子という事で精鋭部隊を借りられない。質に劣る兵隊で相手に勝利しないといけなくなった--

第八話  火炎地獄からの百鬼夜行。--兵ゼロ状態。闘うとか、そんな以前の問題だった。だが、顔が火傷で酷い事になっている警備隊達が主人公の事を好み、力を貸してやろうと協力してくれたので、主人公は装備の類を整えようと準備を頑張るっ!--
「ソラ・クラインセルトは人を見た目で判断せん。この火傷顔が決闘の場を汚すと言ったら、儂を真っ向から叱ったくらいだからな」
(´・ω・`)仕事で身体に傷を負ったら、周りから馬鹿にされる文化なのか。それは酷い。

第四章 七歳児と決闘騒動 --主人公の軍勢があまりにも装備が貧弱な感じに見え、主人公本人が安全地帯にいるので舐められていた。だが、それが主人公の策略である。普通に火炎瓶を持ってきているのだ--
「ベルツェ侯爵はこの決闘でどちらが勝つとお考えか」
 「それは金貨を投げて表がでるか、裏がでるかを論じるようなものだ」
 「では、五分と?」
 「さてな。ソラ殿の考える事は奇抜に過ぎる」

(´・ω・`)火炎瓶がある時点で、兵器を決闘に持ち出しているなーって思った。
(´・ω・`)勝率を上手い感じに例えている会話さんだ。

第十五話 突き歩詰み --見事に主人公は勝利した。相手の方が兵数が上だったが油断を突き、相手の大将を柔道の技で地面に倒し、格下のソラが勝利するぅっー!--

第十六話 反逆の一手--主人公はとうとう最大の敵である父親に反逆する時がやってきた!領地の一部を分捕る爵位を得て、反逆のための一手を放つっ!--
 五年前からソラの敵は変わっていない。
  その敵に対して、ソラは初めての直接攻撃を仕掛けたのだ。
  ──クラインセルト伯爵領の一部、貰い受けるぜ、豚親父ッ!

(´・ω・`)今までの難易度ルナティックな条件を齎してきた親父さんを敵に回す時が、7歳の時にやってきた。なんて凄まじい話だ。

第十七話 動き出す周囲 --自治区のようなものを領地内にゲットした上に、重要な場所や、今まで隠してやってきた産業がある場所を確保した!だが、それにより主人公は暗殺の標的にされる事が決定される!教会と父親は完全に敵になった!--

第十八話 火炎隊 --解雇された警備隊を家臣に加え、ソラは新しい一歩を踏みだして、領地へと戻ったのだった。--
 火炎隊と呼ばれるその化け物達は若くして少年が死した後もその亡き意志を支えるべく傷だらけの木剣を振るったと語られている。
(´・ω・`)主人公は早死にする予定か。


前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 



戻る(・ω・`)
ブログパーツ
カウンター日別表示