戻る(・ω・`)


成り上がり・立身出世 【35】 

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
こちら討伐クエスト斡旋窓口 第一章【異世界の日常編】【完結】  作者:鬼他  AAA  1-11話    2013年 03月 19日 
   (´・ω・`)精霊が見えるチート転生者さんが、精霊が教えてくれる情報使って、担当している冒険者達の生存率を劇的にアップさせている窓口業務小説さんだよ。


(´・ω・`)読んでいると、段々、飽きそうになりつつある。



  俺のお仕事 --主人公は精霊が見えるチートな転生者だった。それが故にありえない事を知っていたりするので、冒険者達の生存率アップに繋がっているのである。 --

俺の生い立ち --主人公は裕福な家に生まれたが、両親が幼い頃に死亡して、財産もほとんどなかった。 --

俺の成長 --城で主人公は頑張った。交渉に精を出し、色んな人達から学んだ。貴族になる機会はあったが、戦争に行かないといけなくなるので断ったのである。--

俺の就職 --主人公は冒険者ギルドに就職した。そこで窓口業務を任され、担当された人は生存率が高くなる人として有名になったのである。--

俺の選択 --貴族が後見人なので、騎士崩れがやってきた時とかの対応に主人公は便利だった。そのため窓口業務を任されている。--

俺の失敗 --恐ろしいほどに格上っぽい連中がギルドにやってきた。--

俺の同僚 --主人公の持っている知識は超重要だった。そのため、冒険者は担当者に嫌われると死活問題に発展するので、そんなに調子に乗る事ができない。--
「明日の天気や、持っていくべき装備、遭遇した事の無いモンスターの攻撃パターンの予備知識。どれも必要無いですよね?」

ソフィアと彼 --主人公は全種族に平等に接し、精霊使ってチートな奴だった。そのため、色んな人物が一目置かれている。--
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 



戻る(・ω・`)
ブログパーツ
カウンター日別表示