戻る(・ω・`)


歴史物  ヨーロッパ 一次創作

マケドニア(アレクサンドロス大王)
王の名を継ぐ者〜マケドニア戦記〜 Arcadia 作者 高見 梁川 SS 34話 2011/12/14
昔の人間に憑依する機械が発明された世界、主人公は事故によってマケドニアの将軍のひとり「レオンナトス」に完全に憑依してしまった。元の世界に帰還するためには、世界が史実通り進み、平行世界に分離しないように頑張らなければならない男が繰り広げるすとーりー

Fate Zeroの征服王イスカンダルの元ネタが率いる勢力とか面白そうだよ!残された史料だけで判断すると、かなり無謀な戦いを繰り返していたようだね!

10話あたり マケドニアは、強大な軍事力を持つペルシャと戦争をしていた。都市「ハリカルナッソス」を攻略するために壁を壊したのだが・・・・壊れた壁の周りに新しい壁をすぐに作るという力技の前に攻略を断念。攻略戦は長期化し、ダレイオス王が軍備を整える時間を相手に与えしまったのだった。

15話あたり --神速の勢いで突出しすぎたマケドニア軍4万は、ペルシャ軍10万によって背後の都市を奪われた。補給ができないマケドニア軍は、手持ちの資金でぎりぎりの補給を続け、ダレイオス王率いる10万へと突撃する--
(´・ω・`)なんという人間の盾。王様が先陣きって突撃するとか洒落にならない戦法だね。周りの護衛部隊がイスカンダルを生かすために犠牲になるのが本当にやばいや。

30話あたり --自分以外の英雄はいらないと信じるアレクサンドロスによって、戦争で毒殺という手段を使った事をばらされ、暗殺にも剣を用いる事が伝統であるマケドニアでエウメネスは圧倒的に立場が悪くなってしまったのだった。--
(´・ω・`)死ぬ前まで遠征している御仁だけに、むちゃくちゃぶりがわかるような気がする。

33話 ---レオナントスは5000の軍勢を征服王に与えられ、合計15000の兵力で6万人のペルシャ軍さんを相手しないといけない状況へと追い込まれた。ここで敗北すれば、マケドニアは強制的に滅亡するほどの重要な仕事である-
(´・ω・`)意外とアレクサンドロスと仲が良いんだなーって気づいて微笑ましい。まぁ、過剰な期待すぎて成功する方が奇跡に近い任務さんだけどね!

34話 ---普通に合流すれば味方の士気は落ちる。ペルシャ軍の疲弊を待ったら守備隊は寝返る。というピンチに立たされた主人公は・・・歴史を研究する学生としての自分の力を出せないと絶対に切り抜ける事ができない絶体絶命の大ピンチだった。-

35話 --この時代では使われなかった戦力を誤魔化す欺瞞行動。5000の兵を3万の兵に見せかけるように砂埃を盛大に立て、ペルシャ軍の士気を挫き、指揮系統を分断し、要塞との軍勢との連携でマケドニア軍は勝利したっ・・・!でも、歴史に戦略的に影響を与えそうな戦術を披露しちゃったので、元の世界の身体に戻れる可能性は低いのだった--
(´・ω・`)もう、絶対に現代に戻れないや。





戻る(・ω・`)

ブログパーツ
カウンター日別表示