戻る(・ω・`)

TS物N ファンタジーハート
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
ファンタジーハート  作者:snowfox  AAA    
 (´・ω・`)魔力=生命力な天使娘でプレーをしていた重病の少年が、現実で死亡したら天使娘になって周りは瘴気、アンデットだらけの2000年後のゲームの世界だったというお話さんだよ。

身分証明できない状態で国に逃げ込んだから、他国のスパイとして疑われて、ヒャッハー!裸にして尋問だぁっー!機密に相当する情報まで聞いてやるぅっー!

(´・ω・`)徹底的に種族としての弱点すらも知られた状態から始まっていてエロかった。魔法の靴がないと動けないっていう時点で色々と致命的過ぎる弱点を持っていて凄まじい。

平然と致命的な事や、国家機密に相当する情報まで絞られてた。こんな重要機密すら知られている状態でボロボロになってアンデットしかいない国を復興させようと頑張るストーリー。




●外見が天使娘で、アンデットだらけの浮遊島の王様?ヒャッハー!裸にして徹底的に尋問だぁっー!弱点とか特徴とか、超重要な秘密を奪われる。
●回復職+召喚職。つまり完全に後衛。足は便利な魔法シューズないと動かない。つまり靴がないと移動できない。
●魔法を使いすぎると死ぬ。魔力=生命力な生命体さん。よく使いすぎて死に掛けてる。
●身体を復元できる魔法があるので、これを世間的に知られると大変な事になる。
●クエストを最後までやって天使になったプレイヤーさん。ゲームの時に貰った国がアンデットが戦争やっている地獄の戦場になっていて最悪なのトリップやってる。
●薬を飲むだけで、その薬を製造できる。


一章 その3 ---現実で死亡したゲームの中で建国した世界へといった天使さん。だが、そこはアンデット達が戦争やっている地獄の戦場で瘴気だらけだった。普通に致命傷を負ってしまう。--  

一章 その6 --天使さんは武器から家臣を具現化できなくて困っていた。一人ぼっちで異郷の地状態なので錯乱する。--

一章 その7 --尋問の危機がやってきた。里から見ると他国のスパイにしか見えないので、ボロボロの状態で天使ちゃんは尋問を受けそうになっている。--

一章 その8 --徹底的な取調べが始まった。他国のスパイ容疑から始まり、天使という種族の証明のために脱がされてしまう!浮遊島の操作方法や、弱点や特徴まで喋らされてしまい、辱めを受けて精神的に大ダメージを天使さんは負ってしまった!、--
ミコトは自分のワンピースを脱ぎ、ショーツ1枚の下着姿になる。
  今は羞恥を消されてはいるが、ほんのりと今は顔は赤みがかっているにも関わらず一切体を隠そうとしない。
  ここに居るものすべてがミコトに注目していた。驚いて目を見張っているのではない。

(´・ω・`)エロゲーだった。おっぱいおっぱい。取調べがえろい。

一章 その9 --徹底的に尋問やって泣かせてしまったので、尋問を行った人材を全部処刑することになった。そんな天使さんは持っている食料は堅すぎて食べられない黒いパンばっかりを持っている。---
「ほ、ほら黒パンって食べた後はヒーラーにとって重要なヒールの回復量少しが上がるんです。他にも精神力とか耐久力も少し上がって。ゆ、優秀なんですよ?
  そ、それにですね。黒パンって安いんですよ? いっぱい買えるんです!
  だから買いだめにバッチリなんです! 
  アイスクリームも魔力の自然回復量が増えるので良いんですけど、保存が聞かないのが悩みでクーラーボックスに締まって入れても3日持たないんです。
  それに高くて、ここぞって時しか食べれないんですっ!
  ホントはいつも食べたいんですけどね?
  黒パンは保存もすごい長く持ってとってもべ……」

(´・ω・`)ゲームの頃の食べ物を持っていたせいで非常識な子だと思われる有様だよ!

一章 その10 --自殺した3人を救うために魔法を使いすぎて、天使さんは危うく死ぬ所だった。生命力=魔力なので魔法を使いすぎると死亡する。--

一章 その11 --この国で身分証明書を作るために天使さんは、ヒーラーとして身体に障害がある人を治した。--
「ううん、僕の不注意なんだからミコトちゃんが気にする必要ないよ。
  このぐらいで集中切らしちゃう僕がいけないんだから。ベットで待っててくれる?」

(´・ω・`)少年と一緒にベットに寝るシーンが初体験前みたいな雰囲気漂っているなーって思った。

一章 その12 --ヒーラーの先生から天使さんは説教されていた。現在は欠損した身体を復元するような魔法がないので、これを大公表すると人が殺到し、最終的に殺されてしまうと忠告される。--

一章 その13 --天使さんの目標は、ゲームの時に下賜された国を復興させる事。その道のりは遠かった。でも、財力だけはゲームの頃の通貨を持っているので膨大である。--

一章 その14
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 

戻る(・ω・`)

ブログパーツ
カウンター日別表示