戻る(・ω・`)


VRMMO【27】リアデイルの大地にて

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
リアデイルの大地にて 【完結】 小説家になろう 作者:Ceez  S 68話     2012年 12月 09日
(´・ω・`)身体が動かない女の子が、VRMMOで自由に身体を動かして、ゲーム内で頂点にのり詰めたのだが・・・停電で、生命時装置が停止してしまったために、現実で死亡し、ゲームっぽい異世界の自分のキャラに憑依して、超チート性能で物事を景気良く解決するストーリー。

(´・ω・`)チートで全部解決。息子と娘さん達が偉い人になっているけど、小さな村で素朴に生活し、問題ごとがあったらチートで解決するストーリー。



●超チート。
●全部の魔法が使える。
●召喚獣がチートすぎる。


?話あたり --ゲームの世界から200年後の世界だということを知った主人公。プレイヤー達は寿命でとっくの昔になくなっているだろうということが推測されるが、里子システムでだしたサブキャラ達は、ドワーフやエルフだったため、まだ生きていて、それなりの高い身分になっている事を知り、自分の子供達に出会うために王都へと向かうのだった--

16話あたり --山賊を率いて、人々を虐殺するプレイヤーが存在した。彼は人間達をNPCだと思い、殺せば経験値となってレベルアップができることから、運営が運営をしていないゲームだと思っていたのだった。これに怒りを覚えた少女は、彼との戦いを始める。--

22話あたり --普通の人間の冒険者をやっていたプレイヤーと騎士団で騎士団長として働いてたプレイヤーが、再開した・・・自分達よりも高レベルすぎるモンスターが暴れてる時に。--

26話あたり --妹分のプレイヤーの娘が、他国の女王様だった。ただでさえ、ハイエルフはエルフの王族であるうえに、他国の王族の親戚という扱いになるという厄介事に、ケーナは頭を抱えるのだった--

31話あたり--200年前のゲームのモンスター達は、特定地域に封印されていた。だが、封印そのものが綻び、低レベルモンスターが数体いるだけでも騎士団が壊滅し、プレイヤー並の実力者がいないと大損害なしに対応できないのだった。--

62話 有志、集結す --GM権限を使って、世界各地からプレイヤーを集めて、高レベルなモンスター達を数の暴力で虐殺ヒャッハーする事を決めたのだった--

エピローグ --問題も全て解決し終えたケーナは、東の国との間に道を作るために土木工事をしていた。ひたすらトンネルを掘りまくり、今はそれに精を出している--

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 


戻る(・ω・`)
ブログパーツ


カウンター日別表示