戻る(・ω・`)


VRMMO【29】野郎達の英雄譚 (TS)

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
野郎達の英雄譚 (TS)    S
(´・ω・`)ゲームの運営最後の邪神討伐イベント終了後に、残り少なくなった100人のプレイヤー全員がラストダンジョンの最奥で、ゲームのキャラに憑依し、地上へと出るために補給なしで苦労するお話さんだよ。

チャカという少女が、傷とか死者を蘇生できたりするけど、その蘇生の仕方が凄くえぐいのが新鮮だね。普通に自傷行為や、身体を消失させての医療行為は斬新だった。



過疎りすぎて運営そのものが成り立たなくなったオンラインゲームが最後のイベントをやって終了したら・・・100人のプレイヤーがラストダンジョンっぽい場所の最奥にいる状態で、ゲームと似たような異世界に放り出され、地上へと向けて協力して歩き続ける厳しいお話さんだね。
チャカというロリ娘がいるTS物でもあるよ!
第一章 絶望の迷宮

第二話 復活 --死亡しても呪文で記憶の欠損あり状態で復活できる事が判明し、ほとんどのプレイヤーが巨大ギルドの命令に従って地上へと向けて出発した--
(´・ω・`)水と食料の関係で、地上へと脱出するのは難しいという環境が厳しさを伝えてくるね。脱出しても付近には人里ないようですし。

第三話 化け物を喰らう彼ら --食糧がないからモンスターを食べた。そしたら食中毒起こして一部のパーティが壊滅状態に陥った。--
(´・ω・`)これは辛いなぁ。モンスターが全く食えない異物という事は、完全に補給が絶たれているや。

第五話 『聖水』(上) --銀髪ロリ娘のチャカがトイレに行くと発言しちゃった事で・・・皆を指揮しているベルウッドは、尿を飲むことで水不足を解決する案を提案し、ほとんどがそれを実行する事になった--
(´・ω・`)中々にエロスがほんわりと漂うお話さんだった。いや、パルメは銀髪ロリ娘の尿はは飲みたくないけどね。

第九話 迷宮の終わり (1) --とうとう地上へとつながる大穴に辿りついたプレイヤー達。だが、プレイヤキラーとの確実な戦闘が発生する事が予想されたため、9人のプレイヤーが殿となり・・・9人以外が登っている最中で襲撃してきたのだった--

第十一話 迷宮の終わり (3) (´・ω・`)プレイヤーキラー側の作戦が泥沼っぽくていいね。大穴に通じる蔓を全て斬って、援軍がこられないようにし、自分達も出られなくなるっていう戦法が破滅的でいい。

(´・ω・`)そういえば、邪神は運営側の人が操作してたんだね。倒された後に封印されたという設定でゲーム終わらせるつもりだったから・・・本人は封印されたままなのか。もしも、邪神が倒されずに一緒にここに来ていたのなら、プレイヤー達と強力して色々とできたと思うと感慨深いね。

第二章 亡国の英雄

第一話 城塞都市 (1) --無事に迷宮を脱出し、クオン領城砦都市サイハテへと辿りつたいプレイヤー達は・・・物凄く強力な武装をしていたので軍勢だと勘違いされ、軍隊から攻撃されてしまった。しかも、プレイヤーだった頃の行動が反映されており、一部のプレイヤーは大量虐殺者として恨まれている--
(´・ω・`)・・・そういえば、すごく強い化物達なんだよね。主人公達って。

第三話 城塞都市 (3) --プレイヤー達に先手攻撃かける命令をだした指揮官は、領主から理不尽な罪を被されて処刑された--
(´・ω・`)相手のご機嫌を取ろうとして、自分達で勝手に処理するのは理解できるや。もし、不機嫌になられて暴れられたら、その時点で城塞都市終了だし。

第六話 芋虫と邪神 --プレイヤーキラー達の食糧源として利用されていたプレイヤー「エムオー」は、不完全な復活を使って、大穴の底で死亡していた6人を蘇生していた・・・エムオーは彼らが復活するために用意した保険であり、彼らの変態な仲間だったのだ!--
(´・ω・`)共食いプレーを楽しめる変態だっ・・・!?しかも食われるほうっ・・・!?

第十三話 誘拐 (7) (´・ω・`)チャカに大勢の人間が死ぬことになった事件の責任を取らせるために、腕を切り落として死んだ騎士の治療にあたらせるっていう所がシビアで楽しいね。死体を使って回復系の死霊術使うから、普通の人間達から化物の眼で見られるかのように対応されているし、微笑ましいや。

閑話其の一 希望の神殿の蛇巫女  (´・ω・`)事実上のラスボスである邪神なGMさんの配下が、邪神の願いを叶えるために地上へと進出しちゃったね。たぶん、普通の街だと1体でも対応できないレベルのモンスターだらけだと思うから、主人公達には城砦都市サイハテに滞在して貰わないと、人間がたくさん死亡してしまう気がするや。

第十一話 鉄鱗の魔竜 (6) --村を滅ぼす大火力のドラゴンを討伐する依頼を受け、チャカ達はドラゴン討伐へと乗り出した。だが、ドラゴンはそこそこに強く、ナイトウは激戦の上に片腕を再生できない状態でなくし、チャカは村人とナイトウの治療のために自分の肉や血を使いまくってグロい状態になっていた--

第四章 忌わしき技      (´・ω・`)バグ使って貴重品複製とか、そんな話?

第五話 付き纏う者 (1) --主人公達の元にジャンヌと呼ばれる知り合いのプレーヤーが逃げ込んできた。なんと、自分でギルドを解散し、全アイテムを独占して逃げ込んできたのであるっ!以前から悪い噂ばっかりの人物に対し、チャカ達は説教したのだった--

第十六話 時計 (5) --この世界を犠牲にすれば、元の世界へと戻れる可能性があり、元の世界の肉体が持つ時間を考えると、それは時間制限があった。だが、チャカ達には、この世界を犠牲にするという道を選べず、別の道を模索することになる--
(´・ω・`)こんな中二病文章をパルメも描きたい。羨ましい。

--都市は兵士達が殺戮を繰り広げる狂気空間に成っていた上に、PKの連中も普通に生きていて、チャカたちを襲撃してきた!--
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 


戻る(・ω・`)
ブログパーツ


カウンター日別表示