戻る(・ω・`)


成り上がり・立身出世 【26】 ラピスの心臓    

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
ラピスの心臓 【はじまり】【一章無名編】【二章従士編】【完結】 作者:おぽっさむ  SS 12話  2012年 01月 14日  
(´・ω・`)動体視力が異常に良い少年が、暗殺者によって鍛えられ、お金のために仕官した先で超厄介事が発生するストーリー。。圧倒的な強者に超接近戦を挑むのが面白いね。

そんな力があっても、問題が大きすぎて主人公だけじゃ何にもできないような絶対絶命な状況もあったし、厄介事の難易度が話が進みにつれてあがるような感じがした。




●危険な敵相手に超接近しての暗殺者の戦い方やる主人公さん。
●魔法みたいな技を使う人達が騎士や貴族やっている世界観。それが使えない奴は平民
●公爵の娘さんを試験で命を救ったから好かれて、次々と襲ってくる災厄をそのコネを使って何とか生きているような感じかな。

4話あたり --貴族達の子弟が、軍での立身出世のために必要な試練は、ほとんど合格者がでずに、死者が大量に出る異常な試験だった。森で火を焚けば、危険なモンスターが集まってくるし、火を使わない食料だとギリギリ分しか残らない。魔物が大量にでる深界に詳しい人物がいなければ、簡単に絶滅することもありえる難易度だった--

従士編 第二話 --軍属として辺境に回されたシュオウに待ち受けていたのは、ムラクモの従属国アベンチュリン王の陰謀だった。女王が贅沢をするために平民から税金を徴収し、溜まりにたまった平民の鬱憤を宗主国のムラクモの軍人にぶつけさせるという異常策である。--
(´・ω・`)よく考えたら、王族としての義務を全く教えずに指導者にしちゃったら、こんな感じになりそうだね。国そのものは従属国で、部下も僅かしかおらず、誇りを持ち辛い立場だ。

?話--早く何とかしないと、同僚達が殺されてしまう。だが、事が大事すぎて急いで帰って伝えても、迅速に上が動いてくれない--
(´・ω・`)走れメロス以上の難易度だった気がするだけに良い話だった。

  【謹慎編】

●主人公が今までやった事がない乗馬や剣術の修行をする話。
●王女様が超我儘。

謹慎編 第一話 アデュレリア
--アベンチュリン王との騒動でシュオウは無期限謹慎処分を受け、アデュレリア公爵の家で客として暮らすことになった。苦手な乗馬の訓練をし、平穏で有意義で、靴下を好意をもたれている娘さんに奪われそうになる日々。クンカクンカ--
「文化、というものに因習はつきものです。合理性に欠いた風習や行いはどこにでも一つや二つあるものですが、ムラクモは自国文化への執着を捨てるのと同時に、各地方に伝わる祭や風習も排除してきた痕跡が見受けられる。我が国の強さは他国にはないそうした合理性にこそあると言えなくもないのですが、そうした事を鑑みた後に改めて見てみると、成人の儀もかねたあの卒業試験という愚行が抱える矛盾が顕著にその姿を晒す事に気がつきませんか」 
(´・ω・`)久しぶりすぎて忘れてたけど、最初から参加者がしにまくる試験まで開催している時点で、人材を浪費しまくってやばい国家さんだった。

第二話 深紅の狂鬼--シュオウは使用人達から微妙な評価を受けていた。シュオウが不自然なくらいに特別扱いされているのが理由だったが、シュオウが熟練の騎士相手に勝利した事で評価が一変する。--
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 



戻る(・ω・`)
ブログパーツ
カウンター日別表示