戻る(・ω・`)


成り上がり・立身出世 【31】-【10】 【第10章 青少年期 新婚編】
無職転生 - 異世界行ったら本気だすI


無職転生 - 異世界行ったら本気だす 人気キャラ投票所  2013/3/24 


二次創作欄はこちらだよ。】



               _| |_
               l_  _l
                 | |
           ____|_|____
          / ________  \
         | /     _ | |       \  |
         | | _/   \)       | |  ミё彡
         | | ヽヽヽ    l        | |        ミё彡
 ミё彡    | |  \。\ /      | |      ミё彡
       ミё彡    ヽl                    ミё彡
       ミё彡                ミё彡  ミё彡
     ミё彡             ミё彡_
          ミё彡      ミё彡 |、 ・)
      ∧_∧              ∩ ̄ ∧∧
     ( ;∀;)   ゜。           \\(゚Д゚ )_
     / 二]つづ  ∫∧_∧∧_∧    ヽ~ У / 〉
    /__/|_|  ∫ノ ( ´∀`)ノ ハヘX〜 ∠(・>⊂V
     /∧_∧ `ノノヽ,~〈∞〉ヽ゚ノ ^∀^)〜' / / ∧\\
   (_(  ´ー`∠ ー 、〜V ⊂〔二⌒)ヽ  ⊂⊃  ⊂⊃
    /二]つ´゚ノ   |_∧__| ノ ノ~ ⌒ノ⌒ノ
    |__/|_|   _ l // ,| | | ノ ノ ノ ノ   /§∧
     〉_〉_〉   _l_ | | | | | |ノノ ノ  ノθ  (ー゚* )
    (__)_)  |  ( ̄ )( ̄ ) ノ ノθ    ⊂⊂~〉∩∩
   ∩_∩    | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~l ̄l      /~~(∇` )
   ( ´ー`)  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄l    l_____゚ヽ~~~)
   /ニ]つづ| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|    UUノ___\
   |_/|_| | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|       (__))
   | | | | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
(´・ω・`)主人公が幽霊屋敷を新居にして、シルフィと結婚式を挙げる【第10章 青少年期 新婚編】だよ。

フィギュア自体を動かす事が出来れば。
  シリコンのような素材を開発すれば、人の肌を持つ人形が出来れば。
  そして、それが動けば。
  夢が広がる。

 「ザノバ、どうしましょう。胸がドキドキしてきましたよ」
 「師匠、余もです。涙が出てきそうですよ!」

  まず、この人形を持って帰ろう。
  そして、どうやって動いていたのかを調べるのだ。
  そのままでは動くはずが無いから、魔道具的な魔法陣が刻まれているのかもしれない。

 「おい、お前らいい加減にしろ!」


(´・ω・`)家を手に入れる所とリフォームするシーンに爆笑した。
呪われた屋敷を安く購入して、夜中に自動人形が襲撃してきたから、それを喜んでいる主人公達に笑った。
下手したら殺害されていたかもしれないのに、フィギュアオタの主人公と、人形オタのザノバがいるせいで、コメディになってる。

(´・ω・`)リフォームシーンは、TVで欠陥住宅とかを直す劇的ビフォーアフターのパロやっていて笑ったよ。
何時、魔改造しすぎて住宅が欠陥品になるのかワクワクして見ていたら、特に欠陥住宅にはならなかった有様だよ。

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
無職転生 - 異世界行ったら本気だす【第10章 青少年期 新婚編】        小説家になろう   作者:理不尽な孫の手 Z  92-98話  2013年 07月 02日 


 

第九十二話「結婚の前に用意するモノ 前編」--よく考えたら主人公は、この世界の結婚システムを知らなかった。
周りに聞こうにも、皆の国籍がバラバラなので、色んな国々の結婚のシステムを聞いて・・・・・共通するのが居住するための家がないといけない事だった。
主人公の父親も、結婚してから一つの村に住むようになった元冒険者さんである。

早速、家を購入するために、不動産屋で安くて大きい家を主人公が探していると、呪われている屋敷を見つけた。
呪われているせいで安いので、ザノバとクリフという強力な仲間を引き連れて、幽霊退治へと向かうっ!
主人公は死亡フラグを吐いたりしながら余裕だった。
 --
「ザノバ」
 「なんでしょうか」
 「……俺、この依頼が終わったら結婚するんだ」
 「はい。さっさと終わらせて、この屋敷で盛大に祝いたいものですな」

(´・ω・`)自覚して死亡フラグを言う余裕すらある所が良いセンスしてる。

第九十三話「結婚の前に用意するモノ 後編」 --夜中になると屋敷から不気味な音がしていた。
それに気づいた主人公達は何時でも戦える態勢のまま屋敷内を捜索し・・・・庭に手と足が四本づつあるクリーチャーさんを発見した!
主人公は恐怖で屋敷そのものが壊れそうな大火力をぶっ放し、相手が動く人形だと判明する。
人形オタクのザノバと、フィギュアオタの主人公さんがいるので喜んだ。
動く人形とか、人形オタには最高のご褒美っ!
命を奪ってくるような恐ろしい人形さんでもウェルカムっ!
主人公さんは、シルフィと暮らせる家をゲットしてヘブン状態っ!
 --
 フィギュア自体を動かす事が出来れば。
  シリコンのような素材を開発すれば、人の肌を持つ人形が出来れば。
  そして、それが動けば。
  夢が広がる。

 「ザノバ、どうしましょう。胸がドキドキしてきましたよ」
 「師匠、余もです。涙が出てきそうですよ!」
(´・ω・`)うほ、これは良いコメディ。笑いが止まらない話だった。動く人形を捕獲して喜んでいる時点で感性が違う。

第九十三話「劇的」 --幽霊屋敷の劇的リフォームが始まった。
地下室だけが一番大事という可笑しい作りの屋敷だった事が判明し、匠の腕でまともな屋敷になっていく。
警報装置でセキュリティは万全(キリッ
幽霊屋敷は、立派で明るい豪邸さんに生まれ変わった!
大きな風呂場を作り、イチャイチャするための施設も万全!
シルフィと子作りするための巨大ベットが寝室にある!
--
--Befor Side--
  石には苔がこびりつき、壁には蔦が絡みつき、
  そこかしこで窓は割れ、入り口には壊れた扉が立てかけてありました。
  そんな、魔女が住むような不気味さを醸し出していたルーデウス邸。
 ---

 --After Side--
  苔むした石は綺麗に磨かれ、壁は新しい塗料で真っ白に塗られています。
  くすんだ色になり元は何色だったかわからない屋根は、明るい緑色に塗りかえられ、
  扉は重厚な焦げ茶色の両開き戸が設置されています。
  金色に輝く蝶番の獅子が、まるで番犬のようです。

(´・ω・`)劇的ビフォーアフターネタでコメディやっているから和む話だらけだ。てっきり改造しすぎて住み辛くゴミ住宅になると思ってた。

 第九十五話「披露宴・準備」 --主人公はパーティを開く時に、席順で悩んでいた。
それぞれの身分や権威を知らないと正確な席順に出来ないからだ。
主人公の知り合いは王族や、将来的にお偉いさんになりそうな奴ばっかりだ!

披露宴の準備のための大きな買い物も終わり、主人公は結婚式がやる前から、シルフィと一緒に風呂に入って、ベットで子作りに励んでいる。マッスルマッスル
 --
(´・ω・`)一つ一つ細かい物まで買っているお話さんだった。

第九十六話「披露宴・開催」 ---皆を招待して、結婚式の披露宴を開始した。
普通に王族のアリエルから、、媚薬と張形(ディルド)をプレゼントされて、主人公が驚愕している。
文化の違いという奴だった。

日本人のナナホシまで招待して、11人とも凄いお偉いさんばっかり!
魔王までやってきて超豪勢っ!
 -
「ボスは小さいのが好みなの」
 「あれだけ性欲の匂いをまき散らしながらあちしらに襲いかかって来なかったのも、好みの問題だったのニャ」

  失礼な奴らだ。
  まるで俺が女と見ればみさかいなく襲いかかる変態のようではないか。
  まったく失礼な奴らだ、揉みしだいてやろうか。

(´・ω・`)結婚しても変態だった。

第九十七話「披露宴・終了」 -結婚式の披露宴が終わった後に、アリエル王女からルークと決闘するように言われた。
主人公はあっさりとルークを倒す!ルークは普通の剣士さんなので超弱い!

決闘の理由は、ルークの男としての意地だった。
シルフィと一緒に生死を共にする仕事をしていたので、シルフィを託せる相手なのかどうか、実際に試したかったのである。

そして新しい事実が判明する、ビッチエルフのエリナリーゼはシルフィの祖母だった!
あちこちでセックスしまくったおかげで、ハーフエルフがたくさんいる!
--
「で、でも自分の好きな人がいろんな相手と寝た事もあって、子供どころか孫までいるんですよ?」
 「それがどうした。僕はミリス信徒だ。相手の事情がどうであろうと、僕の理想と違おうと、僕には僕を愛してくれる一人の女性を幸せにする義務がある」

  言い切った。
  体が震える。
  やばい。
  俺はクリフを少々見くびっていたかもしれない。
  これからは、クリフさんとお呼びした方がいいだろうか。

(´・ω・`)すごい大恋愛だ。

第九十八話「家のある生活」 --主人公はシルフィと結婚してから、二カ月の時が流れていた。
他の女へ手を出さず、華麗にちらちら見るだけ。
主人公は結婚して、イチャイチャできる相手が出来てリア充になっていた。
周りから凄く過大評価されて気分がとても良い。
 --
 
不安だが、ロキシーも動いてくれている。
  俺が慌てて探しに行くより、どっしり待っていた方がいいだろう。
  考えてみれば、ブエナ村が無くなった事で、パウロたちも家を失っている。
  ミリシオンで暮らすというのならそれでもいいだろうが、
  もしこっちに来るようなら、この家で一緒に暮らすのもいいだろう。

  元ニートだった俺が両親を養う。
  なんとも感慨深い事である。

(´・ω・`)家ができて主人公が凄くリア充だった。

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 

戻る(・ω・`)
ブログパーツ
カウンター日別表示