戻る(・ω・`)

歴史物  日本 戦国時代B 
大友の姫巫女A  

 /   /   / ヘ 丶 丶     /::::::/:::::/:/:/    |::::::::::|::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ       ヽ
 |      /  |    丶    /::::::::::::::/:::::/:::/     |::::::::::|:::/:::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ...i..  ヽ  ヽ
  ヽi   /   |:        i:::::::::::::::::::::/::::/:/       |:::::::::|::| ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::i::ヽ:::.. .ヽ 丶ヽ
  ヽ       |:|       /:::::::::::::|::::/:::/:/       |::::::::|::| ヽ:ヽ::::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::::::i::.:|::::::: ::::i: ヽ i
    ヽ   / |:::|i     /::::::|:::::::::,|_:/-//-ーーーー--:|:、i:::i::|  ヽ:::::::::ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::i::::|::::::: ::ヽ::
    ヽ /  |:: |    /|::::::::::|::::::::´|::|:::/:       ..  |::|ヽ:::|   ヽ:::::::::ヽヽ::::ヽ::::::::::::::|::::|:::::::::::::|:: |
    /      |::|` ̄´   |::::::::::|::::|:::::|:/:::/        `:::|::|:::::::|    ヽ::::::ヽ,::::-ー-- 、:|::::|::::::::::::::|:: |
   /      |:::| /    |:::::::::::|:::|::::::|:::|::|          :::|:::::::::|     ヽ/´ヽ::::|::::::::::`ヽ:|::::::::::::::|::: |
   /   / /::/ /  /  |::::|::::::|:::|::::::|::||:|           :: |::::::::|     ´ ヽ::|:::::::|:::::::::::|:::::|::::::::::::::|:: |
  /    |  /:/ /    |::::::|::::::|::|:::::::|:||:|       ____  ヽ::::::|      -ヽ::||:::::|::::::::::|:::::|:::::::::::::|:: |
  | _    /:| /  /| |::::::|:::::::|:::|::::::|:|:|、    ´´  ヽ   ヽ::::|    /´__..ヽ:ヽ::|:::::::::|::::|::i::::::::::::|:: |
  |´_ ノー-ノ:::| ⌒ 、  |::::::|:::::::|::::|::::::| ||≧≡=ーー-、    ヽ::|    γ昨广|ヾミ |:|:::::::::|:::||:||::::::::::||: |
  `  ヾ |:::::::ヽ  /ヽ  |:::::::|::::::|:::::|:::::| |   ´          |:/   彳1||儿:|  》ヽ|::::::|:::/:/:|::::::::/|:: |
       |:::::::::::::::::::ヽ、 |::i::::|::::::|.|:::|:::::| |                 | ヾ_ノ::ノ /`|:::::::|:::|::|:::|:|:::/ | /
       |::::::::::::::::::::::ヽ- |::||::::|::|::| |::::|:::| |                 ` ヽ-^..._.´ /|:::::::|:::://::|/:/ | /
       |::::::::::::::::::::::::::::::|.|| |::|:::|:::| ヽ::::::|                     `  ./::|:::::::|:://|:::://  |/
       |::::::::::::::::::::::::::::::| .| |:::::|ヽ ヽ::::.|              /         /::::/::::/:::/ |://  ||
      ..|:::::::::::::::::::::::::::|::::.| ..ヽ::::|ヽ  ヽ             |´        ノ:::::/::_/|:/ /:/   /
      |:::::::::::::::::::::::::::::|:::::|  ヽヽ ヽ ヽ|     `丶、             /::::/《、` 丶 、/   |
     /:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|:|   ヽヽ           ` 丶-         /::://:ノ\   \
    /::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|::|    ヽ ヽ          -         .,/ノ ノ   \   \     _   _  / ̄ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::|:::|ヽ、     ヽ、               /:::::|:::|:::|      \   \ /  γ  \|  .ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::|::::|  \      `ヽ、          ´:::/ |:::::|:::|::::|       .\   \ ヽ  ヽ   ヽ  ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::/:::/:::::::::||::|:::::::ヽ ヽ、      `ヽ 、  , :´::::::::::::::|/ |:::|:::|::::|         \   \\   \ ヽ  |
/:::/   ̄ ̄ ̄`` ヽ  ノ::丿:::::::::::ヽ ヽ      ./:::::`:´:::::::|::::::|:::::::::|  |:::|:::|::::|      ,-----ヽ   丶 ヽ   ヽγ i |.
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
大友の姫巫女 南海死闘編 Arcadia SSS    
続編。

3話あたり --織田と周辺勢力との戦争と飢饉で近畿は大飢饉へと見舞われた。食糧がなくなる恐怖でコメの価格は跳ね上がり、商人達が金儲けのために次々とお米を運ぶことで関東までも飢饉へと陥ったことで、大友と毛利は米を売ることで大儲けしたのだった--

9話あたり --島津家との戦いで、20倍の兵力を投入した大友家は敗北した。これにより、信用で成り立っていた大友の証文は大暴落を起こし、全ての証文の価値をなくさせる大金融危機へと直面していた・・・・が大友家が行った壮大なインサイダー取引だったため、東アジア経済は大友に乗っ取られようとしていたのだ--

16話あたり --島津家と一部の独断専行によって、大友家は苦戦していた。毛利の借金を消すことで、毛利の海軍を南から攻めさせるほどに島津家が超強い。--

18話あたり --島津家は後の名声がなくなることも承知で、徹底的な焦土戦術によって難民を発生させ、食料があるのは北だと教えることで大友家への嫌がらせをしていた--

24話あたり --20倍の兵力差があっても敗北したのに、数倍の兵力しかない状況で島津と戦わないといけないと悩んでいた主人公。しかし、既に作戦目標は達成されていて、これ以上戦うのは死亡フラグだということに気付いたのだった。--

40話あたり --珠姫の所に、歴史上に存在したビッチさん小少将がやってきた。彼女は、乱交に政治が絡む事に嫌気がさし、自由気ままに乱交がしたいビッチさんだった--

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 



戻る(・ω・`)

ブログパーツ
カウンター日別表示