戻る(・ω・`)


VRMMOI  天啓的異世界転生譚 置き場
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 

天啓的異世界転生譚【完結】

作者:ウスバ SSS 102話 2012年 01月 18日
幼女な神様を助けた褒美に、ボーナスをもらって才能とか能力を貰って異世界に転生する事になった少年が、仕様のバグに気づき、当初の200ポイントを30万ポイントに増やして、適当にレアなスキルを選びまくって・・・色んな意味で弱くなってしまった作品さんだね。高い買い物して最弱になるのがちょっとワロタ。

個人的にヒロイン達と主人公が繰り広げるボケとツッコミが面白かったよ!冒頭の僅かな伏線がツッコミのネタになっていたりと良いセンスしているね!

4話 --幼女な神様が戻ってきた事で、主人公は欄を見ずにボタン連打で全ポイントを消費して、レナなタレントを多数入手して転生した--

12話 --主人公は冒険者ギルドに冒険者として登録した・・・冒険者の最低ランクであるFランクよりも下で、そこらへんに生えている草よりも能力が低く、僅かな切っ掛けで容易く死亡する史上最弱の冒険者が誕生したのだった。--
(´・ω・`)そういえば、全能力を削っていたんだね。強く倒れただけで死亡するとか、どう冒険すればいいのだろう。

15話 --主人公は時を止める能力と瞬間的に1億発ほど相手を殴れるスキルを持っていた。だが、時を止めたら絶対零度の空間に閉じ込められて死亡し、殴るほうは全HPを消費する自爆技だったので、使えば死ぬ主人公が という状態だったのである--
(´・ω・`)・・・仕様がリアルだね。自分の周りだけ時を停めても、地球の自転で壮大に自爆するレアスキルにワロタ。

22話 --主人公は大金が入ったので、新しい武器を手に入れようとして・・・大陸最強の伝説の武器を発見したのだが、木の枝が終末兵器っぽい感じにレベルアップしていたので、色んな逸話を残していた伝説の武器が折れてしまったのだった--
(´・ω・`)あっという間に偉そうな伝説が終了しちゃったね。

33話 --高レベルのモンスターが勝手に生えてくるダンジョンが町の近くに出来てしまったために、主人公は逃げるか、強制的に迷宮に投入されるのか選択肢を出され・・・地球破壊爆弾で全部吹っ飛ばすという第三の道を選び、ダンジョンを丸ごと消し飛ばしたのだった--

39話 (´・ω・`)・・・ここまでスキルをネタにしているのは面白いね。絶体絶命の大ピンチに常人なら即死クラスの猛毒をドーピングみたいに服用しているところがたまらないよ!

46話 --主人公はタレントで少年期をスキップしているため、自分がどこの家の人間で・・・一度入ったら卒業するまで出られない魔法学校の生徒だと知らなかった。外に出るためには、通常の方法だと最低でも三年ぐらい勉強せねばならない事から、一気に一級の魔術師になるべく、魔力をあげるために終末兵器を使って魔法を使いまくり、魔法の運用の面で成績を残すべくアイドルな生徒と頑張るのだった--

73話 --主人公は異世界に戻る事を決断した。二年後に世界そのものをリセットさせる魔王の封印が解かれ滅亡していく世界を守るために、魔王に挑むという大きな話になっている。--
(´・ω・`)魔王に挑むと決意する主人公が格好いいですねー勇者にすら絶望的に敗北しただけに魔王に勝てるかわからないけど楽しみだよー

96話 --神々が作ったラスボスの性能は・・・ラスボスらしい超鬼畜性能だった。ゲームのように全HP回復で別形態に強化される仕様であり、ステータスも相手をぶっ殺して何割か吸収。超広範囲攻撃すらも持っていて、状態異常は全部無効という超チート生物だった。ステータスで上回っていても、それに対抗するスキルを持っており、主人公とは致命的なまでに相性が悪いっ・・・!--
(´・ω・`)勝てるの?いや、ここまで性能が鬼畜だと、誰も勝てないぞ。


(´・ω・`)いい感じに複数のスキルを使って、魔王をはめ殺したのがいいね!ちゃんと説明の女神のセリフにも答えがある伏線がいいよ!

(´・ω・`)最後の最後まで台無しな感じがたまらに作品さんだったよ!主人公とヒロイン達の台無しすぎる掛け合いがとてもゆっくりできる作品さんだね!
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 




戻る(・ω・`)
ブログパーツ


カウンター日別表示