戻る(・ω・`)


VRMMOP  バーチャルリアリティ

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
 エステルドバロニア        
 1 王の憂鬱  --プレイヤーは孤独だった。ゲームが糞すぎてVRMMOの意味がない上に、課金も意味がなかった。そして、ゲームの運営が強制的にサーバーを落としたせいで、主人公は死亡してしまう-- 

3 国の狂乱 --異世界移動で難民が大量発生、国は大混乱という状態だった。主人公は恐怖して問題を解決しようと乗り出す--

4 落ち着く国 --主人公は恐怖していた。周りは化物だらけだが、自身の身体は普通の人間である。国が落ち着いても怯えていた。--

5 動き出す王 --魔物たちは主人公を尊敬していた。何百年も普通に生きて善政をする超名君として尊敬されているが本人は覚えている--

6 動き出す王・続 --周りから尊敬される行動をやりまくっているが、本人は気付かずに怯えまくっている。--
(´・ω・`)召喚術回だった。召喚したものの態度に気づかずに怯える主人公がいいね。

9 よくある光景 --城が可笑しかった。普通に可笑しかった。適当に建造しちゃったので、可笑しい構造だった。それすらも魔物たちはどういう理由で作られたのか考えて、勝手に尊敬している--

10 神都 --隣国が普通にエルフを騙し打ちして奴隷にし、人体実験をやっている宗教国家だった。でも、兵力は少ない--
 
 サブ職業は良く分からんし、メイン職業がナイフ職人って・・・新手のイジメか?    AA    
(´・ω・`)地雷職に見える感じの職を神様にプレゼントされて、周りのプレイヤーから馬鹿にされまくって異世界へと飛ばされたけど、、実は超絶チートな職業だらけだったというチート小説さんだよ。

魔法も武力も顔も知識も、全部チートすぎて洒落にならないお話さん。

(´・ω・`)チートすぎて苦戦する姿が想像できないレベルのチートだった。


よし、一旦落ち着け俺
--異世界に飛ばされる前に主人公はパーティを組まなかったら生存率が明らかに低かった。だが、職人なので周りからパーティを組んで貰えず、孤独に異世界に度たつ--     
(´・ω・`)主人公の職業への怒涛のツッコミが笑った。

最強になる瞬間・・・ -実は主人公は最強職を全部取得し、他の職業も相性が最強すぎる超絶チートだった--

助けて欲しい?どうしよっかなぁ〜?www --ナイフを念力で飛ばして、ナイフも強化しまくった超絶チートだった。チート--

仮面を馬鹿にすんな!カッコ良いだろうが!!…そんな目で俺を見るんじゃねぇよ。 --魔法面でもチート、知識面でもチート、武力面でもチート、顔も超美系になってチート--
(´・ω・`)どうしよう。主人公の超ハイテンションっぷりを見ると読む気力がヒャッハーされちゃう。
    異世界の開拓史    A    
(´・ω・`)何にもない場所に放り出された主人公さんが、ゲームの頃の内政チートで建造物作ってチートやるお話さんだよ。

序盤から洒落にならないほど説明を兼ねたチュートリアルだから、もう読むのが限界で辛くなるところが大変な小説だよ。

ひたすら次々と新しいアイテムが出てきて、建造物を作るだけの序盤があんまり盛り上がらない。


一日目−2  バベルの塔
 --内政に集中しまくっていた主人公は、とうとうバベルの塔を建設した!そしてテンプレ異世界トリップっ!--

一日目−4  マイルーム --異世界に放り出された主人公は、危うく初期設定にしちゃうところだったが、それに気が付いて何とかなった!--  

二日目−8  完成見学会  (´・ω・`)設定ばっかり見せられているようでゆっくりできない小説だった。  
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 


戻る(・ω・`)
ブログパーツ


カウンター日別表示