戻る(・ω・`)


VRMMOO  デスゲームではない 
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
デスゲームではない【完結】 Arcadia SSS 25話 2009/10/09
オリジナルから、記憶と人格がコピーされ、自分は人間だと思い込むAI達が、オンラインゲームのサービス終了までこの世界を楽しもうとゲームの世界で頑張る小説。この展開と設定は、新鮮です。話のテンポがよく、スキルやシステムなどの内容が非常にわかりやすい。

3話あたり   ある自己中男に目をつけられ、狩りをする度に殺されて全くレベルが上がらない。ギルドから謝罪として貰った金を駆使して、圧倒的にレベルが離れたPKをしてくる男にどうやって対策をするのか。

8話あたり  二つのギルドの間にたって関係を修復するために、ギルド設立に必要なアイテムと資金を提供してもらい。主人公「ヨシヒロ」はギルドマスターになった。現時点では宿屋の代わりに泊まれて宿の心配がなくなっただけで何も変わらないが・・・。

13話あたり   巫女をこよなく愛するギルド「全日本巫女愛好会リーングラット支部」が、副ギルマスのチルヒメが巫女服姿だったために、主人公のギルドに従属した。ギルド食堂を良く利用してくれる全日本巫女愛好会のため、巫女服をきれる職業の女性をアルバイトとして雇い、主人公のギルドはますますネタギルドとしての価値を高めていったのだった。

?話 序盤でPKやってきた奴が、他のギルドを味方につけて主人公をフルボッコにして、ギルドを解散させようとしていた。だが、主人公は今までのコネで圧倒的な大戦力を用意できるので、試合は虐殺になった

20話あたり   レベルが70に届いたことで固定パーティは解散することになった。ヨシヒロは今までの急速なレベル上げのせいで知らない狩り場が多く、嫌な奴、下心がある奴、人格的にいい人などと毎回違うメンバーで臨時パーティをいくつも作りながら・・・・・ギルドに所属していなかったネタキャラな人達が次々とギルドに入るようになった。

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 






戻る(・ω・`)
ブログパーツ


カウンター日別表示