戻る(・ω・`)


成り上がり・立身出世H
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
・・・どんな状況でも規則正しいニート生活を過ごす無気力な少女の話。 Arcadia D    
無気力ニート少女のだらしなさに神様が怒り、ファンタジー世界へと転生させられたが・・・・・やっぱりニートはニートだった。金持ちなのをいいことに家にひきこもり、だらだら過ごそうとするのを、周りの人間が必至なって止めようとするファンタジー小説。

5話あたり --親はニートの娘に悩んでいた。しかも、ニートなことを怒って転生させた神様を召喚できることから、歴史の教科書に神様を召喚できるニート少女として名前が残りそうなことに戦々恐々していた--

オリジナル転生物 Arcadia AAA 38話 08/21
現代から国の概念もなく集落単位で暮らしている異世界に主人公「ノル」は転生し、出来る範囲内で文明の利器を作っていきます。

21話あたり ノルは8歳になった。井戸を作り、レンガを造り、割と地味ながら集落の生活へと貢献していた。相手が理解できないので説明できずに変人扱いだったが。

28話あたり  年上の三人の村の子供が、ノルが飼っている双子の狼を欲しがり、幼いノルに殴る蹴るの恐喝を行った。ノルは三人に徹底的な仕返しを決意する。

オリジナル異世界転生モノ Arcadia      
現代から魔法がある中世ファンタジーの村落の美しい少年「クオルン」に転生し、村人達とほのぼのする小説。

14話あたり  貴族から連れてくるよう頼まれた行商人の頼みで、クオルンは村を離れ、領主が治める街へと向かった。領主館でクオルンは商人によって貴族に売られてしまうのだった。

 PARを貰って主人公を育ててます【短編】 作者:マーシィー  D 【短編】 2012年 03月19日
能力の書き換えを持つ主人公さんが、少年の能力を強化しようとする出会いをする所で終わってしまったお話さんだね。

なんという異常なまでの中途半端。
 The prince of ice 〜氷の王子〜 A 16話 2012年 07月 15日 
(´・ω・`)死んだ人間さんが王家の第三皇子として転生したけど、魔力を暴発させて爆発の現象を起こせなかったから処分が決定し、周りに凄い氷の魔力を持っているんだぁっー!って事に気づかれずに話が進む小説さんだね。

本人も周りもお互いに情報を知らないから、すれ違いなら話が進んでいくよ!

(´・ω・`)たぶん、この小説は女性向けのような気がするから、男性が読んだら恐ろしいほどに退屈に感じるような気がするね。

大変なことになってみた --主人公は周りから魔力が全くないと思われていた。このまま6歳になる頃までに王家の子供らしく魔力で爆発とかをやらないと、処分されてしまう--

毒とかいれてみた--赤ん坊の主人公が他の貴族の暗殺の手から普通に逃れていた事に従者が恐怖し、どんどん勘違いしていくのだった。--

暗殺編

計画とか立ててみた
--主人公が爆発を起こさなかったので処分が決定しそうだった。だが、周りの従者達は主人公を産んだ母親の事を思い出し、死んだ母親のためにも皇子様を逃がすべく計画をたてる--

(´・ω・`)読んでいる内にパルメのスコップが砕けた。なんか話が全く進まないね。
 これが私の守護騎士 AAA
(´・ω・`)魔法の価値がすごく高い世界に転生したけど、神様から望んだチートが魔法と関係ない戦闘関連のチートだったので、兄弟や、平民からも迫害されて家を追い出され、迫害されまくって性格が歪んだ少年が、助けたお姫様の守護騎士となり、一緒に成長していく無双ストーリーさんだと11話まで見て思った。

でも、主人公がこれから周りを認めさせるのが困難なレベルで魔法至上主義すぎて、姫様の言葉に従って妥協しようにも返ってくるのが侮蔑と軽蔑なだけのような気がするだけに、仲が悪いまま、物語が進みそうだね。


第4話:最初の厄介事 --凌辱エロゲーヒロインにされそうなお姫様を助けてしまった事で、そのお姫様の守護騎士にされそうになった主人公は、衣食住とか、惚れていた師匠と似ている点がある事から、そのままずるずると守護騎士に就職するための面接試験会場へといったのだった--

第6話:決着 --国内最強クラスの守護騎士を、あっさりと倒してしまった。主人公はチートを更に修行してチートにしてあるせいで、圧倒的な強者すら容易く蹂躙できるほどに強くなっていたのである--

第7話:あれ?予定と違う。 --実技試験で、国内最強を倒したが、主人公には魔力がないので規則で侯爵守護騎士になれなかった。交渉したが姫様の従者という立場である--

第9話:いざ学院へ --姫様達と一緒に学院へと向かう道中に、再生能力持ちの巨獣と主人公は接敵してしまった。主人公の攻撃は斬撃なので、消滅させないと倒せない敵は倒せないのである--

第10話:逃げの一手。  (´・ω・`)主人公が周りの魔法至上主義で、徹底的に見下され侮蔑されて歪んでいる様を説教するお姫様が良いお話さんだった。


前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 



戻る(・ω・`)
ブログパーツ


カウンター日別表示