戻る(・ω・`)

歴史物  日本 戦国時代E 狸と瓢箪 
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
 狸と瓢箪 S
豊臣家に秀頼に憑依し、戦国時代の最終イベントである大坂の陣で徳川家康相手に勝利しないといけないから、色々と苦闘するお話さんだよ。

その3 --この戦争は徳川家康の首をとれば勝利できるが、相手は数倍の正規軍であり、ほとんどの大名が徳川に味方をしている状況で、徳川家康という御仁を討たなければならなかった。徳川家康の事をよく知るために、徳川家康の事をよく知る側室の元へと主人公はいく--

その4 --側室である千からは徳川家康の情報はあんまり仕入れる事はできなかったが、出撃して相手に小さなダメージを与え、戦争の序盤で勝利を飾るという目標を達成したのだった--

その5--豊臣の兵力は徳川の半分以下ではあるが、豊臣秀吉の設計した要塞大阪城と、豊臣秀頼が有能な連中を積極的に活用しているため、落ちる気配が全くない--
(´・ω・`)徳川は次々と兵力を交代させて、攻める事ができる所が最大の利点になるのかな。要塞を内部から攻略しようと色々とやっている所がいいね。
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 

戻る(・ω・`)

ブログパーツ
カウンター日別表示