戻る(・ω・`)


VRMMO【6】-【2】 『二章 異世界の始まり(下)』
 ログ・ホライズンA


ログ・ホライズンの二次創作はこちらにあるよ!

 ログ・ホライズン 人気キャラ投票所


      /        ,. -‐…───- イ
     /       . . ´: : : : : : : : : : : : : : : : : \
.    {      /: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :\
    \_/:/⌒: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : :く
       ̄/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : ∧
      く : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : :ヽ
        /\: : : : : :\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 厂
      〃|:::::\: : : : : :\  `丶.:.: : : : : : : i: : : :/ _______
        |:::::::::厂`ヽ/\斥r tァ \: : : : : N}: : /-‐{   { ̄ ̄ ̄ ̄`7
       }/|: : ゝー-、  ィ ー -'´  \{ヽ/ノ: :/::::::∧. / ∧       /
.          | ∧{   }}¨ヽ___ノ     Y: : :/'⌒7 V. / ∧     /
        }/ Wーイ{         ノ ̄¨/ ̄  .V   ヽ   〈
               \  _ _  厂 \/   ′   .\   \.  \
              /\    / ⌒Y´   ./   /    \   〉_ /
            く:::::::::::ヽ _ /{   /    // /::::::::::::::::::{彡 {  \
              /:::::::::::/  {  /      /::::::::::::::::/\ `丶  \
                /::::::::::::::\ 厂| ̄| ̄| -─          \   \  \
            /:::::::::::::::::/ | |  l ├ 、_____/       \   \  \
              {  `丶/  | |  |  |  }:::::::::::::::::/          \   \  \
               \ .       | |  |  |  }\::::::/            \   \  \
              ]\     | |  |  |  }  \              \   \  \
            /:::::::\   | |  l ├ '::::....  \               \   \  \
              {::::::::::::::::...   | |  |  |       \               \   \  \
              {::::::::::::::::...   | |  |  |    \                   \   \  \
(´・ω・`)無法状態のアキバの街を何とかするために、にゃん太から前の章で教えてもらった料理の裏技を駆使して、金と評判を集め、一気に莫大なお金を融資してもらい、その金でアキバの街に法を敷く『二章 異世界の始まり(下)』だよ。
殺しても復活する冒険者をへの制裁措置が難しいから、アキバの街での生活が極端に不便になるように仕向けているんだ。
(´・ω・`)一気に無理だと思われていた事を出来ているし、爽快感がある内容だった。

「元の世界に帰るのを諦めるべきだとは云いません。云いたくもないし。……でも、ここが異世界だって事は認めましょう。もう飛ばされて二ヶ月近くになるんです。“我が儘なお客”でいるのは限界です。
  〈大地人〉に感情がないと思うのは勝手ですけど、実際にはあるんです。僕たちはどうやらこの世界において〈エルダー・テイル〉の公式設定でそうだったように〈冒険者〉というある種の特権階級であるみたいです。それってモンスターの拠点を攻撃することが出来る特殊技能を持った傭兵、と云うような位置づけですよね。
  しかし、この世界の多数派勢力は〈大地人〉なんです。重ねてはっきり言いますが、僕らは大地人抜きではこの世界で暮らすことは出来ません。銀行を始め、様々なサービスが〈大地人〉によって提供されているんですから。けれど、〈大地人〉のほうは僕ら抜きでも、おそらく暮らせるんです。
  このままこの世界で自分たちを律する事も出来ないまま、毎日を勝手放題に過ごしていたら、取り返しのつかないことになります」



(´・ω・`)あと、NPCとか言われて、奴隷や殺戮の被害に合っている大地人の人権を確立するためにも頑張って、異世界で現地の住民とともに手を取り合う街になろうとしているよ。
各種サービスをしてくれる大地人いないと、不老不死の冒険者生活やっても不便ですしね。
(´・ω・`)酷い事をやったプレイヤーは街から追い出して追放だぁっー!


前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
ログ・ホライズン 『二章 異世界の始まり(下)』
 小説を読もう! 作者:橙乃ままれ Z  10-18話     2010年 08月 17日   
 

010   異世界の始まり(下) --セララとともにススキノの街から逃げた主人公達だったが、〈ブリガンティア〉と戦闘状態に陥った。
彼らはススキノの街でNPCに対する奴隷商売や恐喝、PKをやっている非情の集団である。
普通なら物量に押されて、主人公達は殺されるだけが、彼らのリーダーをにゃん太が瞬殺した事で、レベル90を超えた化物だと勘違いさせて、そのまま三頭の巨大な飛行生物で逃げる事が出来た! 
 --
――目前の男達はいったい何者なのか?
 ――デミクァスを葬り去った攻撃力はどこから得たのか
 ――まさか彼らのレベルは90を越えているのではないか?
 ――そしてその正体は他の地区からの粛正部隊ではないのか?

(´・ω・`)ここで敗北していたら、移動手段ドロップして、アキバに帰れなくて歴史が変わっている可能性すらありえる戦闘さんだった。足りない部分をハッタリとテクニックで補っていて主人公は実に強い。

011 --にゃん太から、とても貴重な情報を知る事が出来た。
システム任せに料理を作ると不味くなるのだが、現実と同じように調理すれば美味しい料理が出来上がるという事実である。
ただ、現時点だと本格的な料理には料理スキルが必要になる。料理スキルなくても料理できるようになるのは6章になってからだ。 
--
「それは、〈料理人〉ではないか、〈料理人〉であっても調理スキルが低いために起きる現象ですにゃ。現実と同じように調理する場合であっても、調理スキルは必要なのですにゃん。
  ……つまり〈料理人〉が料理作成メニューを使わないで、普通の手順で料理をする。そうすれば素材の味を生かした料理になるのですにゃ」

(´・ω・`)にゃん太さんのおかげで、主人公はお金を大量に得られるアイデアをゲットした!

012 --アキバの街でPKが減っていた。
大手ギルドが美味しい狩り場を独占し、それ以外のプレイヤー達は美味しくない狩り場を使う事になり、住み分けができていたのである。
だが、そのせいで初心者プレイヤー達が酷い目にあっている。
初心者救済用のアイテムすら奪われて、中堅のレベルになる事が難しいのだ。
 --
「……〈ハーメルン〉いうギルドがあるねん。初心者救済を謳ったそのギルドは〈大災害〉後、沢山初心者を集めたん。
  何もかんもが混乱してたし、初心者を助けられるような時期でもなかったんは確かなんよ。うちらも、何も出来んかった。
  でも、その〈ハーメルン〉は――集めた〈EXPポット〉を売りさばいてるん。〈ハーメルン〉は金を儲けてるし、大手ギルドは〈EXPポット〉でレベルを上げようとしとる。
  誰が悪いのか。悪い人なんておるのかどうかもわからへん。
  ただそう言う流れだけがあって、誰も止めることはできひんねや……」

(´・ω・`)不老不死だけど、不老不死の中で最低辺の立場ってのは辛い辛い。
(´・ω・`)あとで恨まれる事を知った上で、ゲス行為やっているプレイヤー達が何気に怖い。


013--現在、大手のギルドが威張り、施設や狩り場を優先して使用し、中小ギルドの待遇が悪くなり、初心者プレイヤー達が搾取されて泣いている。
主人公は、アキバの地に法を敷ける力が必要だと思った。
この日本サーバー最大の街であり、大半のプレイヤーが集まる場所を掃除しなければいけないと判断している。
今のままじゃ、皆がお互いに嫌悪し合って、協力体制を築けないのだ。
そのために協力を呼びかけて、膨大な大金を入手するための算段を、主人公は考えた。
 --
「小さいギルドに居るってのは、いつからこそこそしなきゃいけないような悪いことになったんですか?
  ススキノは確かに荒廃してました。2000人しか居なければ、強いギルドが我が物顔で威張るのも判らなくはないです。でも、アキバは僕らのホームタウンです。日本サーバにいるプレイヤーの半分以上の本拠地です。日本サーバ最大の街です。
  それが格好悪くて雰囲気が悪くてギスギスしてて、なんだかみんなが下を向いて歩いているって……。それはないでしょう。それじゃぁ、僕ら全員が格好悪くなるために生まれてきたみたいじゃないですか。
  狩り場の占有、大手ギルドの躍進、ライバル同士の確執、それらが悪いなんて口が裂けても云いませんけれど、自分の首を絞めてるのは見るに堪えないです。
  そういうのって、新人泣かせてまでやることでしょうか。
  異世界飛ばされちゃったサバイバルを蹴飛ばしてまで、やることですか?
  僕らは三万人もいますけれど、三万人しかいないんです。
  みんな、舐めてます。異世界を甘く見すぎてます。必死さが、足りないです」
(´・ω・`)歴史的瞬間っていうセリフだと思った。アキバの街の大改革やるために必要な良い演説。

014--以前、にゃん太から教えてもらった美味しい料理を作れる裏技を使って、 〈軽食販売クレセントムーン〉を開店した。
美味しい食べ物をプレイヤー達相手に、暴利で売りまくり、主人公達が独占状態!
〈第8商店街〉に食材の依頼を出して、主人公達の存在感はアキバの街で増しつつあった。
 --

015 --主人公達の美味しい料理で、アキバの街は活性化していた。
とんでもない暴利による独占市場価格なので、冒険者達は金を稼ぐためにも、積極的に狩りをする必要があるからだ。
次々と臨時のパーティが結成され、主人公達は協力者を着実に増やし、アキバの街に法を敷くための計画を遂行している。
-
 毎日三食クレッセントムーンのハンバーガーを食べるとなれば(そんなに買えるという僥倖に恵まれるとして!)、一ヶ月に金貨2700枚もの金貨が必要となる。

  今までのアキバの街での生活では殆ど金が掛からなかったために、毎日廃墟で膝を抱えて、元の世界へ戻れない哀しみに沈んでいた人々も存在した。そんな彼らも、多少の小銭は稼ぐ気になったというのは大きな変化だった。
(´・ω・`)尋常じゃないインフレだ。

016 -アキバ中の有力ギルド達を集めて会議を開催した。
そこで治安が悪化している事実や、初心者プレイヤーへの横暴を提起し、問題にしようとするが、法を敷くのが困難だと判断している有力者達は色々と諦めている。
現実問題として、殺しても冒険者は復活する時点で、制裁措置をとるのが難しい。

そこでっ!主人公はとんでもない事を言う!
ギルド会館を主人公達が既に購入済みだったのだ!
主人公達にブラックリスト認定されるという事は、ギルドホールも銀行施設も貸金庫も使用不可能になるという事であり、法に違反した者達への制裁になる。
主人公達は一気に掃除を開始した。 
-

017--主人公のギルド会館購入発言は、有力者達に脅迫だと受け取られていた。
やろうと思えば、主人公による独裁が成立する可能性を秘めているからである。
幸い、主人公は今の無法状態をなくして法を敷きたいだけだったので、あとは有力者達を説得するだけだった。
NPCの大地人をむやみに道具のように扱ったりする事への苦言も呈し、大地人がいないとプレイヤー達は生活できない事を主張して、ここに有力ギルドで結成された円卓会議が発足する。
元ネタはアーサー王伝説(キリッ
 -
「元の世界に帰るのを諦めるべきだとは云いません。云いたくもないし。……でも、ここが異世界だって事は認めましょう。もう飛ばされて二ヶ月近くになるんです。“我が儘なお客”でいるのは限界です。
  〈大地人〉に感情がないと思うのは勝手ですけど、実際にはあるんです。僕たちはどうやらこの世界において〈エルダー・テイル〉の公式設定でそうだったように〈冒険者〉というある種の特権階級であるみたいです。それってモンスターの拠点を攻撃することが出来る特殊技能を持った傭兵、と云うような位置づけですよね。
  しかし、この世界の多数派勢力は〈大地人〉なんです。重ねてはっきり言いますが、僕らは大地人抜きではこの世界で暮らすことは出来ません。銀行を始め、様々なサービスが〈大地人〉によって提供されているんですから。けれど、〈大地人〉のほうは僕ら抜きでも、おそらく暮らせるんです。
  このままこの世界で自分たちを律する事も出来ないまま、毎日を勝手放題に過ごしていたら、取り返しのつかないことになります」
(´・ω・`)異世界で楽をして生きるためにも、大地人を保護する。なんという利益に適った主張。

018 -   円卓会議による『法』の設置は歓迎されていた。このままだと大手ギルドによる独裁体制が発足しちゃう状況だったので、それよりは遥かにマシだと判断されて、皆に歓迎される。
ゲス行為したギルドは、解散へと追い込まれて、アキバの街は最悪の無法状態じゃなくなった。
  
主人公達の方は、超少人数で〈記録の地平線〉(ログ・ホライズン)というギルドを作る。
この異世界の拠り所となる拠点も決め、信頼できる仲間達が主人公の傍にいた。
--

 

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 



戻る(・ω・`)
ブログパーツ


カウンター日別表示